金子半之助の店舗内装について

カウンター席の一番の特徴

カウンター席の一番の特徴は厨房の様子をよく見渡すことができる点にありますが、注文した後に一体どんな工程で絶品の天ぷらが作りあげられているのかを観察するのは、金子半之助を訪れる人気の一つと言っていいかもしれません。
スタッフの方々の身なりもとても清潔で、白で統一された厨房服が上品な印象を与えてくれます。
3席間隔に置かれたお箸や紙ナプキンの設置など、狭い空間の中にもお客様に対する素晴らしい心配りを感じることができ、天ぷらを揚げる音や盛り付けられていく過程を見届けながら優雅な一時を楽しめました。
そして忘れてはいけないのが、カウンター席に置かれている金子半之助の名物と言っていい「醍醐味」と言う特製の唐辛子です。
お好みで好きなだけ天ぷらに振りかけることができるので、辛い物が大好きな方にはぜひ味わってみて欲しいと思います。
店舗内装は全体を通してとても清潔な状態で、人の出入りが激しい人気店としてはかなり衛生管理が徹底されているように感じられます。
空調にもかなり配慮されているようで、エアコンの温度が快適と思えるように設定されているので暑さや寒さを感じる心配はないでしょう。

水回りや店舗内装にも使っていただける #SPCフローリング の販売を開始いたしました!https://t.co/wsftpCbxBB
お好みの長さにカットすることもでき、パッと見ただけでは木のフローリングと見分けがつかないほどリアルな床材です。

無料のサンプルもあるので、ぜひご覧ください👍

— wooday (@wooday8) 2019年11月14日

金子半之助の日本橋本店カウンター席の一番の特徴2階は1階とは違ってテーブル席に座れるようになっている